CAMPFIRE 公式note

「一人でも多く一円でも多く、想いとお金がめぐる世界をつくる。」をミッションに掲げる株式…

CAMPFIRE 公式note

「一人でも多く一円でも多く、想いとお金がめぐる世界をつくる。」をミッションに掲げる株式会社CAMPFIREの公式アカウントです。運営する様々なサービスに関わるメンバーの想いやストーリー、日常をお届けします。 https://campfire.co.jp/

マガジン

  • CAMPFIREの「この人」気になる

    CAMPFIREには個性溢れる仲間が働いています。Value03「小さな火を大事にしよう」を掲げて社員一人一人にスポットライトを当てていくインタビュー企画です。

  • CAMPFIREの広報室

    CAMPFIREでの様々な出来事やお知らせをご紹介します。

  • Tech Magazine

    • 64本

    CAMPFIREの開発者が「技術的な課題と解決策」や組織について綴っている記事をまとめたマガジンです。

  • Design Magazine

    • 24本

    CAMPFIREのデザイナーたちが普段考えていることや、デザインにおける取り組みについて綴っている記事をまとめたマガジンです。

  • 変化をもたらすCAMPFIRE

    CAMPFIREのBehavior「変化をもたらそう」を体現するべく、日々小さな変化を生み出す取り組みをご紹介していきます。

リンク

CAMPFIREの「この人」気になる

CAMPFIREには個性溢れる仲間が働いています。Value03「小さな火を大事にしよう」を掲げて社員一人一人にスポットライトを当てていくインタビュー企画です。

すべて見る
  • 19本

クラウドファンディングでクリエイターを応援!CAMPFIREエンタメ部の挑戦

昨年、エンタメ領域において1億円を超えるプロジェクトを5件誕生させ、社内MVPを受賞したエンターテイメントプロデュース部。今回はよりクリエイターの方々を応援するためのサポートプラン「CAMPFIRE for Entertainment」立ち上げの背景やその想いをメンバーに聞きました。 CAMPFIREのエンターテイメントプロデュース部とは ー「CAMPFIRE for Entertainment」の立ち上げをしたエンターテイメントプロデュース部がどのような部署か教えてくださ

スキ
34

CAMPFIREの未来は採用から創る。採用チームの大進撃

CAMPFIREは事業の拡大に伴い、多くの仲間を増やすため、新たに採用チームを立ち上げました。そんな採用チームに大旋風を巻き起こし活躍している古橋さんに、これからのCAMPFIREの採用活動やこれまでの取り組みについてお話を伺いました。 CAMPFIRE入社の経緯 ーCAMPFIREに入社を決めた理由は何ですか? 以前からCAMPFIREや代表の家入さんのことは知っていて、クラウドファンディング事業にもポジティブなイメージを持っていたのでカジュアル面談を受けました。それか

スキ
46

企業成長の鍵!クラウドファンディング活用で企業の課題を解決に導く

こんにちは。広報アシスタントの安田です。 CAMPFIREの「この人気になる」シリーズ#7は10月から部長に就任した仁科留理さん。女性部長としてキャリアアップし、”matsukiyoFIRE”や”ビックFIRE”など大手企業との共同企画を担当。大きなプロジェクトを展開していく仁科さんの姿勢や人柄がとても魅力的でしたので、社員インタビューでお話を伺いました。 入社までの経緯ーこれまでの経緯を教えてください。 料理やアクセサリーづくりなどものをつくることが大好きで、仕事ももの

スキ
16

CAMPFIREパートナーと共にミッションの実現へ

こんにちは。広報アシスタントの安田です。 CAMPFIREでは「一人でも多く、一円でも多く想いとお金がめぐる世界をつくる。」に共感いただき、CAMPFIREと共にクラウドファンディングをサポートする「CAMPFIREパートナーシッププログラム」を展開しています。 今回はパートナーの皆さんに伴走するローカル・フード部部長の畑さんにインタビューをしました。「CAMPFIREパートナー」についても合わせてご紹介いたします。 CAMPFIRE入社の経緯と役割ーなぜCAMPFIRE

スキ
31

CAMPFIREの広報室

CAMPFIREでの様々な出来事やお知らせをご紹介します。

すべて見る
  • 14本

CAMPFIREの未来とテクノロジー

CAMPFIREは、Web3の技術を活かした新たなクラウドファンディングやコミュニティサービスの実現を目指し昨年にLivefor株式会社を設立しました。今回はCAMPFIREの社員が全員参加する全体会議の中で実施されたCAMPFIRE代表の家入一真と、Livefor代表の白川洸陽がCAMPFIREグループの未来とテクノロジーをテーマに対談したものをご紹介します。 CAMPFIRE/Liveforのこれまでと置かれている環境(家入)こうやって二人だけで話すのは実は初めてかもし

スキ
30

2024年、CAMPFIREの抱負

本日からCAMPFIREは仕事始めとなります。元旦から大きな震災や事故のニュースを目の当たりにし、私たちができることは何か改めて考えさせられる一年の始まりとなりました。 今日は役員の今年の抱負について紹介します。 代表取締役 執行役員 家入一真 あけましておめでとうございます。まずは被災された方々に心よりお悔やみを申し上げます。一日も早い復興、日常に戻れますことを心よりお祈りしています。 こういう緊急事態において、私たちプラットフォームに何が出来るのか。どうあるべきなのか

スキ
33

広報アシスタントが社員インタビューしてみて気づいたこと

2023年2月よりCAMPFIREに入社し、noteの社員インタビューを担当している広報アシスタントの安田です。島根県奥出雲町の山の中からリモートワークで働いています🏔️💻 入社当時に見つけた「🎄CAMPFIRE Adovent Calender 🎄」。フルリモートでもみんなで一緒に取り組める企画に惹かれ、6本目の記事を担当させていただくことになりました🔥 今回は、社員インタビューを通して私が感じた”CAMPFIREらしさ”について。 社員インタビューはなんとなくやった

スキ
25

フルリモートでCAMPFIREの広報に取り組んでみて

🔥この記事はCAMPFIRE Advent Calendar 2023、4日目の記事です🔥 クラウドファンディングの会社、CAMPFIRE で広報をしているみはるです。IT業界において、一般的にエンジニアさんが執筆するこのアドベントカレンダーをなぜ私が書いているのか。これがまさにCAMPFIREらしさでもありまして、今年は人事、PM、マーケ、代表取締役、キュレーターなど様々なメンバーが登場する予定です。ぜひ楽しみにしていてくださいね💁‍♀️ 今回私は自社のフルリモートの環

スキ
63

Tech Magazine

CAMPFIREの開発者が「技術的な課題と解決策」や組織について綴っている記事をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 64本

チームで考える、フロー効率で考える

この記事はCAMPFIRE Advent Calendar 2023の1日目の記事です。 こんにちは。CAMPFIREでエンジニアリングマネージャーをしている小川です。CAMPFIREのクラウドファンディングの開発チームのEMになって1年半余りが過ぎました。 振り返ってみるとなかなか大変で、開発チームのあり方が試行錯誤を繰り返しながら、大きく変わっていく、そんな1年だったように思います。 新たなメンバーがたくさん入ってくださって、力を発揮していただいたということが大きい

スキ
21

Kaigi on Rails2023 参加レポート

こんにちは、CAMPFIREのokayuです。 2023年10/27(金)、28(土)に東京で開催されたKaigi on Rails 2023に参加してきました! 今年はKaigi on Rails初のオフライン開催のため、オンラインでは感じられなかった会場の熱気や雰囲気を楽しむことができました。 Kaigi on Rails 2023 にはスポンサーとして協賛しており(過去記事:Kaigi on Rails 2023 に Silver Sponsor として協賛します!)、

スキ
8

Architecture Decision Records(ADR)を導入してみた

こんにちは。CAMPFIREエンジニアのhayashidaです。 前回、Four Keysの計測 について書かせていただきました。 今回は、2023年4月に入社してすぐのころに行った Architecture Decision Records(ADR)の導入 について、話させていただきます。 目次 Architecture Decision Records(ADR)とはArchitecture Decision Records(以下、ADR)は、ソフトウェアアーキテクチャに

スキ
8

Kaigi on Rails 2023 に Silver Sponsor として協賛します!

こんにちは、CAMPFIRE VPoE の岩崎です。昨年に引き続き、CAMPFIRE は Kaigi on Rails に Silver Sponsor として協賛します。 Kaigi on Rails には弊社のエンジニアもオーガナイザーとして関わっており、CAMPFIRE としても繋がりが深いカンファレンスです。 Kaigi on Rails とはKaigi on Rails はその名の通り Ruby on Rails を主軸としながらも、「初学者から上級者までが楽し

スキ
5

Design Magazine

CAMPFIREのデザイナーたちが普段考えていることや、デザインにおける取り組みについて綴っている記事をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 24本

CAMPFIREロゴリニューアルプロジェクトの備忘録

こんにちは。CAMPFIREデザインチームマネージャーの623(@623px)です。 CAMPFIREは、2022年9月に新サービスロゴ・コーポレートロゴをリリースしました。 新ロゴは、クラウドファンディングの「起案者と支援者」、「ユーザーとCAMPFIRE」のような、あらゆる関係性を繋ぐこと。そして1 つの灯火が次の火へと繋がっていく連続性を表現しています。 今までは「炎」をストレートに表したシンボルだったため「起案者の熱」のような意味の側面が強かったのですが、そこに

スキ
75

#かけだしマネージャー が約3ヶ月で考えたこと、行動したこと、学んだことを言語化してみる

こんにちは!クラウドファンディングサービスCAMPFIREでデザインチームに所属している塩月(@oshiokeiko)です。 今年の10月からデザインチームのマネージャー職に挑戦しています。 約3ヶ月マネージャー職に向き合ってみて思うことは、マネージャーってむず!!ということです。世の中には、マネージャーになったけど動き方わからず迷走している人はそれなりにいそうなのに、ネットを漁ってもあまり出てこないんですよね…。 ということで、迷える塩月が #かけだしマネージャー代表と

スキ
31

チームでユーザーインタビューをやってみた話し

こんにちは。CAMPFIREでデザイナーをやっている床です。 2022年も残りわずかですね。 前回のアドベントカレンダーからもう1年が経ったのかと思うと、時の流れの早さに驚きます。 (導入文を書いている今も、たった4行しかけていないのに気がついたら1時間経っています。怖いです。) 2022年も様々な取り組みを行なったのですが、個人的に一番印象に残っているのはデザイナー数名でユーザーインタビューをやったことです。 軽い気持ちで「みんなでやってみよ!」とはじめたことでしたが、結

スキ
34

CAMPFIRE、ロゴリニューアルにかける想い

2022年9月、CAMPFIREは ロゴをリニューアルしました。今回はこのビッグプロジェクトを推進されたプロジェクトマネージャーの睦さん、代表の家入さん、そしてデザイナーのタカヤさんの3名にCEO室のみはるがインタビューを実施。新ロゴに込めた想いや今後の展望についてお話しいただきました。 歴史と未来を反映したロゴを目指して ーロゴをリニューアルするきっかけを教えてください。なぜこのタイミングだったのでしょうか。 睦さん:IT業界は移り変わりが早く、数年前のデザインに懐か

スキ
190

変化をもたらすCAMPFIRE

CAMPFIREのBehavior「変化をもたらそう」を体現するべく、日々小さな変化を生み出す取り組みをご紹介していきます。

すべて見る
  • 17本

CAMPFIRE、ロゴリニューアルにかける想い

2022年9月、CAMPFIREは ロゴをリニューアルしました。今回はこのビッグプロジェクトを推進されたプロジェクトマネージャーの睦さん、代表の家入さん、そしてデザイナーのタカヤさんの3名にCEO室のみはるがインタビューを実施。新ロゴに込めた想いや今後の展望についてお話しいただきました。 歴史と未来を反映したロゴを目指して ーロゴをリニューアルするきっかけを教えてください。なぜこのタイミングだったのでしょうか。 睦さん:IT業界は移り変わりが早く、数年前のデザインに懐か

スキ
190

CAMPFIREロゴリニューアルプロジェクトの備忘録

こんにちは。CAMPFIREデザインチームマネージャーの623(@623px)です。 CAMPFIREは、2022年9月に新サービスロゴ・コーポレートロゴをリリースしました。 新ロゴは、クラウドファンディングの「起案者と支援者」、「ユーザーとCAMPFIRE」のような、あらゆる関係性を繋ぐこと。そして1 つの灯火が次の火へと繋がっていく連続性を表現しています。 今までは「炎」をストレートに表したシンボルだったため「起案者の熱」のような意味の側面が強かったのですが、そこに

スキ
75

今、変わる社会。クラウドファンディングで社会課題と向き合う。

「誰一人取り残さない社会」 SDGsが掲げるこの理念を自分ごととして考えたことはありますか? MDGsが作られた2000年代は、貧困や飢餓に苦しむ人を中心に様々な取り組みが生まれ改善されていった一方で、国際問題やジェンダーなど少数者は後回しになっていました。 そして格差や数ではなく、課題を抱える誰もが支援を受けられるようにと定められたのがSDGsです。 「一人でも多く一円でも多く、想いとお金がめぐる世界をつくる。」をミッションに掲げるCAMPFIREは社会課題の解決に向

スキ
10

クリエイターの夢を実現させる「CAMPFIRE Creation」とは

SNSで投稿していた自分のイラストがぬいぐるみに。 そんなクリエイターの「作りたい」を実現するプラットフォーム『CAMPFIRE Creation』 好きなものをもっと多くの人へ届けたい、自分が思い描くアイディアを形にしたい。 しかしどうしたらいいのかわからない・・ というクリエイターさんも多いでしょう。 そこで今回は、ものづくり初心者でも企画から商品開発・販売・発送までを一貫してサポートすることでまだ世に知られていないグッズを生み出すことができるCAMPFIRE Cr

スキ
12