マガジンのカバー画像

Tech Magazine

56
CAMPFIREの開発者が「技術的な課題と解決策」や組織について綴っている記事をまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

Rubyのバージョンをアップデートした話

こんにちは、CAMPFIREでリードエンジニアをやってる@pyonkです。 少し前にはなりますが、2022年3月31日でRuby2.6系のEOLを迎えました。 CAMPFIREでは今までRuby2.6系を利用しておりEOLを迎える前にバージョンをあげないとね、ということでアップデートを行いました。 アップデートの背景先述の通りRuby2.6系のEOLが近づいていたことが一番大きなモチベーションでしたが、他にも おなじくEOLが近づいているRails 5系のアップデートの

スキ
15

なぜ今CAMPFIREはエンジニアを採用するのか 2022年度版

こんにちは。CAMPFIREでエンジニアリングマネージャーをしている小川です。 先日、SREチームの採用記事を公開しましたが、CAMPFIREの開発チームでもエンジニアを募集しています! 本日は応募いただいた方、応募はまだだけど、どんな様子なんだろう?と気になっている方に向けて、CAMPFIREの開発チームがなぜ今採用をするのか、そしてどのような働き方をしているのかをご紹介できればと思っています。 CAMPFIRE開発チームはどんなフェーズなのかまず、CAMPFIREは

スキ
17

CAMPFIREのこれからのSREは面白い

こんにちは、CAMPFIRE SREテックリードの榊原です。 現在、CAMPFIREのSREチームでは新メンバーを募集中です。 候補者の方が、より具体的にイメージをもてるようにチームの魅力や課題などを率直に書いていきたいと思います。 SREとして戦う準備ができた!SREという名前であっても、実情はインフラ運用を行うチームになってしまうことってよくありますよね。 CAMPFIREのSREチームも、直近までは障害対応をおこなったり、新サーバーを構築したり、古いverをupgr

スキ
8

Railsの起動時間を7分の1にした話

こんにちは。2021年12月にCAMPFIREに入社した小川です。 CAMPFIREではRailsを使って開発しています。わたしの入社後、いくつかRailsのパフォーマンスチューニングをする機会があったのですが、今回はそのうち、開発環境でのRailsの起動時間を約7分の1に短縮することができた事例についてご紹介したいと思います。 Railsの起動が遅いCAMPFIREで開発をしはじめてひとつ気づいたのが、開発環境でのRailsの起動にやけに時間がかかることでした。計測して

スキ
19

カラフルな世界を目指して

この記事は2021年CAMPFIRE Advent Calendarの記事です。初日!昨年はこんな記事を書きました。 改めまして、こんにちは。CAMPFIREで代表をしている家入(@hbkr)です。カニエ・ウェストが ye に改名したので僕も ie にしようと思っています。やばい、後少しで今日が終わる。何を書こう…そうだ。 交換とはなにか突然ですが、実話かどうかは不明ですが僕の好きな話があります。大阪のある町で、50円玉を50円で売っている、路上生活をされてる方のお話。「

スキ
116

YouTube Data API使ってRailsでYoutubeチャンネル情報を取得してみた

この記事は CAMPFIRE Advent Calendar 2021 の参加記事です こんにちは、CAMPFIRE Community事業部エンジニアのsleaflet(仮) です。 普段はCAMPFIREのコミュニケーションプラットフォームである CAMPFIRE Commutniyの開発をしています。 アドベントカレンダー参加もnote投稿も初です、よろしくお願いします。 これから何の話するの?YouTube Data APIを利用してチャンネルの情報を取得したはな

スキ
20

CAMPFIREに入社したけど実際どうなの?

こんにちは、CAMPFIRE Advent Calendar 2021 23 日目担当 エンジニアチームのokayuです! 私は今年の8月に入社して、早いもので約5ヶ月経ちました。 入社時の新鮮な気持ちが若干残りつつ、会社の環境にもようやく慣れてきた今のタイミングだからこそかけることはなんだろう。。と考えた結果、このようなタイトルに辿り着きました。 文章を書くのは得意ではないですが、社外の方にもCAMPFIREのことが伝わるように頑張ります!!🔥 Valueたくさんある

スキ
15

2021年、私にとってのビッグニュース!

はじめまして!2021年5月に入社しました、エンジニアチームのmiyukiと申します。ついこの間入社したと思っていたら、気がつけば半年が過ぎていて時の流れが早く驚いています。 初めてのアドベントカレンダー、初めてのnoteでソワソワしながら書いています! 何を書くか迷ったのですが、私にとって2021年のビッグニュースは「CAMPFIREに入社したこと」だったのでそのことについて語り尽くしたいと思います。 ちょっと一息つきたい時にでもゆるりと読んでいただけると嬉しいです 😊

スキ
20

CAMPFIREアプリの2021年

概要- これはCAMPFIRE Advent Calendar 2021の9日目の記事です。 - 2021年のCAMPFIRE iOSアプリの開発を振り返ります。 お気に入り、支援したプロジェクトなどの画面実装1年前のCAMPFIREアプリはトップ・検索・プロジェクト詳細画面など支援までの導線に必要な画面のネイティブ化は終わっていましたが、お気に入り一覧、支援一覧のような画面はまだWebに飛ばして表示していました。 今年の前半あたりにはこの辺のまだネイティブ化していなかった

スキ
12

CAMPFIREとDatadogとオブザーバビリティの1年

この記事は Datadog Advent Calendar 2021 15日目の記事です。 こんにちは。SREチームのオブザーバビリティチョットデキル加我です。 なんとこちらで記事を書くのは1年ぶりでした。 去年の10月にDatadogの導入に取り組んでから1年が経過しました。 今に至るまで起きた出来事をざっくりまとめておきたいなと思ったので、定例の資料を基に当時を振り返りつつ書き残しておきます。 過去の記事の繰り返しになる部分もあるので、適度に読み飛ばして頂けると幸い

スキ
22

プロダクションミーティングをやってみた

これは CAMPFIRE Advent Calendar 2021 2日目の記事です。 お久しぶりです、CAMPFIRE VPoE兼SREチームマネージャーの岩崎です。今年の初めに一度はSREチームを離れたのですが、その後紆余曲折あり、VPoEとしてSREチームに戻ってくることになりました。改めてまたよろしくお願いします! プロダクションミーティングとは皆さんはプロダクションミーティングという言葉をご存知でしょうか。プロダクションミーティングはSRE本の後半に少しだけ出て

スキ
18

SREチームのマネージャーを引退します!

こんにちは、岩崎です。いつの間にか桜の季節ですね🌸東京は今週が見頃のようです。 これまで約2年に渡って、私が中心になってこの SRE note を書いてきたのですが、諸々の体制変更があり私がSREチームのマネージャーを降りることになったため、今回はそのことについて書きたいと思います。 CAMPFIRE SRE のはじまり私がSREチームのマネージャーとして記事を書くのは今回が最終回、ということで、まずはこれまでの CAMPFIRE SRE について簡単に振り返っていきたい

スキ
38

SREの採用で意識していること

お久しぶりです、岩崎です。年が変わってもコロナはまだまだ収まる気配がありませんが、2021年は良い年にしていきたいですね。 今回は私がSREの採用に関わるようになって意識していることを書いていきたいと思います。 どういう人に来てほしいかSREを採用しようと思った時に、みなさんはどういう人に来てほしいでしょうか。インフラに詳しい人でしょうか、それともソフトウェアエンジニアリングができる人でしょうか、あるいは全く別のバックグラウンドを持っている人でしょうか。 SREはインフ

スキ
35

SREチームとオンボーディングのちょっといい話

これは CAMPFIRE Advent Calendar 2020 の18日目の記事です。 こんにちは。SREチームの加我です。12日ぶりですね。 今回はSREチームのオンボーディングについて話していきます。 以前とあるテックカンファレンスにて「コロナ禍で入社後即リモートってオンボーディングが難しいよね」みたいな話をしたことがあります。 一方、同じ状況下でも弊社のSREチームは比較的上手くいってると感じており、それについて自分なりの考察をしていこうと思います。 ※オンボー

スキ
18